SIDE CORE 展|コンクリート・プラネット

SIDE CORE 展|コンクリート・プラネット

EXHIBITION

展示内容

SIDE COREは、公共空間や路上を舞台としたアートプロジェクトを展開するアートチームです。近年その活動がますます大きな注目を集めるなか、本展は、東京では初の大掛かりな個展となります。
例えば、高速道路や線路、地下水路などを特殊な方法で撮影したり、公共空間で見られる街灯やガードレール、道路工事のサインなどを素材としたインスタレーション作品、ネズミの人形がただただ夜の東京を歩くドキュメント映像など、SIDE COREは、都市の独自な公共性や制度に着目し、これに介入/交渉することで作品作りを行なっています。その表現方法は常に広がり、更新され、今まさに現在進行形の見逃せないアーティストです。
また、本展は美術館内部だけではなく周辺環境にも展開し、都市への想像力がアートを通し広がっていく様をご覧いただけます。





誰かが「都会のあるビルの地下では、深夜になると暗渠となった川のせせらぎが聞こえる」と言った。実際にそこに訪れてみると、昼間は街の喧騒に遮られて聞こえないが、夜街が静まると確かにチョロチョロと水が流れるような音がする。実際のところ、これは下水管を流れる排水の音なのかもしれない。ただ真っ黒な地下にジッと佇んでいると、自分の頭の中に自分が入っているような、または寝ているけれど意識だけが起きているような感覚に陥る。すると「これは川の音である」という誰かのストーリーに引き込まれ、見えない地下水脈のとめどない広がりがぼんやりと頭の中に浮かんでくる。

このように地下やトンネル、工事現場や真夜中の道など都市の暗部で時間を過ごすと、自身の内面/ 身体的な感覚から都市の形を感じ取り、地図に規定された都市の姿が歪んで感じられる。すると普段見ている風景の中に抜け穴のような空間/ 状況が可視化されてきて、日常の行動規範から外れた行動/ アクションの衝動が駆り立てられる。ただそれは私たちの自身の想像力だけの賜物ではなく、かつて誰かが見た都市のビジョンを引き継ぎながら、これを継承していく行為であると思う。それはバタフライエフェクトのような反応で、世界のどこかで生まれた小さな遊びが、多様な立場の人々の行動を経由し、結果世界各国の都市システムに組み込まれる現象である。ストリートカルチャーはまさにそうした都市の暗部から生まれる想像力と行動が世界的な共通感覚となる現象で、単一の運動としての固有性を維持しながらも、文学や映画、建築や都市計画、アクティビズムやアートまで予測できない形で多様な現象に浸透してきた。ワタリウム美術館はアートのヒストリーのなかに、そうしたストリートカルチャーの水脈が混在する場所である。

今回の展覧会では、私たちの視点・行動・ストーリーテリングをキーワードに3つのテーマに分類した作品群を展示する。視点のセクションでは、主に路上のマテリアルを用いて、都市のサイクルをモデル化する立体作品の新作シリーズを。行動のセクションでは、都市の状況やサイクルの中に介入した行動/ 表現の映像・写真のドキュメントを。そしてストーリーテリングのセクションでは、2023 年から継続したプロジェクト「under city」、東京の地下空間をスケートボードによって開拓していくプロジェクトの最新版の展示を行います。都市の暗部を開拓し、小さなアクションを積み重ね、都市の風景にノイズをフィードバックしていく。そうした一連の行為は、東京の都市システムに対して個人という小さな単位のビジョンを介入させていくことにあたるが、同時に国境や時代を超えたカルチャー・アクティビズムの連鎖反応に触れ、予想できない誰かと繋がりを作り出す方法であると考えている。

SIDE CORE

WORKS

作品

PROFILE

プロフィール

SIDE CORE_ポートレート

photo: Shin Hamada

SIDE CORE

2012 年より活動を開始。メンバーは高須咲恵、松下徹、西広太志。映像ディレクターとして播本和宜が参加。公共空間におけるルールを紐解き、思考の転換、隙間への介入、表現やアクションの拡張を目的に、ストリートカルチャーを切り口として「都市空間における表現の拡張」をテーマに屋内・野外を問わず活動。近年の展覧会に「百年後芸術祭」(2024年、千葉、木更津市/山武市)、「第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」」(2024年、横浜市)、「山梨国際芸術祭 八ヶ岳アート・エコロジー2023」(2023年、山梨)、「BAYSIDE STAND」(2023年、BLOCK HOUSE、東京)、「奥能登国際芸術祭2023」(2023年、 石川、珠洲市) 、「rode work ver. under city」(CCBTアート・インキュベーション・プログラム)(2023年、目黒観測井横 空地)、「六本木クロッシング2022展:往来オーライ!」(2022 年、森美術館、東京)、「Reborn-Art Festival」(2022 年、2019年、2017年、宮城、石巻市)、「水の波紋展2021」(2021 年、ワタリウム美術館、東京)、「Out of Blueprints by Serpentine Galleries」(2020 年、NOWNESS、ロンドン)など多数。

EVENT

関連イベント

過去の展覧会