WATARI-UM  
home sitemap contact
exhibition infomation lectures/workshops
jr

 マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン  

ten会期 2018 年1月 8日[月・祝]− 3月 31 日[土]
ten休館日 月曜日(1/8, 2/12は開館)
ten開館時間 11時より19時まで [毎週水曜日は21時まで延長]
ten入場料  大人 1000 円/学生[25 歳以下]800 円/小・中学生 500 円/ 70 歳以上の方 700 円 ペア券: 大人 2 人 1600 円/学生 2 人 1200 円
ten主催 ワタリウム美術館/ブルーノ・タウト展実行委員会/マイク・ケリー展実行委員会
ten会場 ワタリウム美術館 2会、3階、4階、
ten助成 芸術文化振興基金/公益財団法人朝日新聞文化財団 
ten協力 マイク・ケリー財団/イメージフォーラム
   
ten Date  January 8th - March 31st (Sat.) , 2018
ten Closed Mondays (except Jan.8, Feb.12)
bらんck Openning
 Hours
11:00 to 19:00 (open till 21:00 on Wednesdays)
bらんck Entrance
  Free
Adult 1,000 yen /Student (under 25 years) 800 yen /
a two-person ticket 1,600 yen /
a two-student ticket 1,200 yen /
Elementary and Junior-hi
bらんckOrganizer WATARI-UM, The Watari Museum of Contemporary Art /
Bruno Taut Exhibition Committe /
MIKE KELLEY Exhibition Committee
bらんckVenue WATARI-UM,
The Watari Museum of Contemporary Art
bらんckSubsidy Japan Arts Fund / THE ASAHI SHIMBUN FOUNDATION
bらんckCooperation :Mike Kelley Foundation for the Arts
展示内容プロフィール作品会場風景イベントワークショップ
 

 ▲PAGE TOP

ぼくはポップ・カルチャーに関心があるが、
それを賞賛しているわけじゃない。
たいていのポップ・カルチャーは嫌いなんだ。
つまり、
ぼくたちは支配的な文化の影響を受けながら制作するほかないから、
それを使って遊ぶのさ。
分解して再構成するんだ。          マイク・ケリー

"My interest in popular form wasn't to glorify them
because I really dislike popular culture in most of the cases.
All you can do now really is say, work with this dominant culture,
I think, and flay it.
You know, rip it apart, reconfigure it."
             - Mike Kelley

マイク・ケリー(1954-2012)は、アメリカの大衆文化を通じて、社会の奥深くに潜むさまざまな問題点をあぶり出しそれらをアートのフィールドに持ち込んだ、現代アートの最も重要なアーティストの一人である。 1世代前にポップ・アートの旗手として華やかに登場したアンディ・ウォーホルが表のスターだとすると、マイク・ケリーは裏の帝王だろう。 階級やジェンダーなどのマイノリティに対する差別、トラウマや暴力、性などを題材に痛烈な皮肉やユーモアを交え作品として発表しつづけた。
ワタリウム美術館では今回の展覧会を皮切りに、マイク・ケリーのさまざまな作品を複数回の展覧会としてまとめ紹介していく計画である。 まず「Day is Done」(2004-2005)という高校時代の「課外活動」の様子を写したモノクロ写真の再生の中で映像やインスタレーション、写真作品へと広がっていった大作を展示する。 ヴァンパイア、田舎者、ハロウィンの祭り、不機嫌な悪魔などを登場させ、ダンスや音楽、シナリオテキストなどすべてをマイク・ケリー自身がディレクトしている。
その他、マイク・ケリーのルーツであるアイルランドの神話から四つ葉のクローバーとそれが表す幸運というモチーフをアイロニカルに表現した「Pansy Metal/Clobered Hoof(1989/2009)」ほか異なる時代の3シリーズを展示する。 世界から届く不自然なニュースを見るとき、真実が社会の奥深くに隠されて、まるですべてが見えない糸で操られているような気配を感じることはないだろうか。 マイク・ケリーは文化でさえも何かに支配され、その皮を引きはがすことこそが自身の役目だと語っていた。 そうだとすると、この展覧会は「自由のための見世物小屋」だろうか。 作品の中の怪しい登場人物に隠されたマイク・ケリーの願いを覗いてほしい。 

Mike Kelley(1954-2012) is one of the most important artist of contemporary art who revealed the various issues deeply rooted in society through American pop culture and brought them into the art field. If Andy Warhol who made a brilliant debut as the standard-bearer of pop art a generation earlier were to be the star on the bright side, Mike Kelley should be the emperor of the dark side. He had continuously released works embedded with poignant sarcasm and humor taking up on themes such as discrimination against minorities, trauma and violence, and gender.
Beginning with this exhibition, WATARI-UM is planning to summarize and introduce the various works of Mike Kelley through several exhibitions.
First we would be taking up on "Day Is Done" (2004-2005) which is a major work developed by reproducing black and white photography of high school "extracurricular activities" into video and installation and photographic works.
Vampires, hillbillies, Halloween festivals, peevish devils appear with the dance and music, screenplay texts fully directed by Mike Kelley himself. Alongside this, we would be presenting works from different periods including"Pansy Metal / Clovered Hoof " (1989/2009) which ironically expresses the four leaf clover from Mike Kelley's root of Ireland mythology and it's motif as bringing good luck.
When unnatural news arrives from around the world, you may sense the truth being deeply veiled in society, and a hint of everything being manipulated with invisible strings. Mike Kelley noted that even culture is being manipulated by something, and he has the role of unveiling it. If so, this exhibition may be a "freak show for freedom". We hope to have people peek into Mike Kelley's desire hidden behi ndthe dubious characters in his works.



エクトプラズム#1 心の中の子ども「ポルターガイスト」シリーズより1979年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserv e d /
Licensed by VAGA, New York, NY


サタンの鼻の穴 「女々しいメタル/クローバーの蹄」シリーズより 1989年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserved/Licensed by VAGA, New York, NY   

 ▲PAGE TOP
  アメリカのアーティスト。1970年代後半より、パフォーマンス、ペインティング、ぬいぐるみやサウンドを用いたインスタレーションなど、多形態、多様式な作品を発表。ポール・マッカーシーやソニックユースとのコラボレーション、音楽活動やアルバムジャケットの制作など、アート以外の幅広い活動も行った。
「ニューヨーク・タイムズ」によると、「過去四半世紀で最もアメリカ美術に影響を与えた一人であり、アメリカにおける大衆文化と若者文化の代弁者」とされる。
From the late 1970’s onward, American artist Mike Kelley produced many works in a variety of forms and styles, including performance, painting, drawing, sculpture, video, sound works, texts and installations. Kelley gained recognition in the 1980s with a series of sculptures created from worn-out stuffed animals, crocheted dolls, and blankets that he collected from thrift stores.   His interest in social and institutional critique, trauma, memory and repression would continue in later works and series such as Educational Complex, Day Is Done and the Mobile Homestead. In addition, Kelley collaborated with other artists and musicians such as Paul McCarthy, Tony Oursler, Michael Smith and Sonic Youth. He was a founding member of the influential noise band, Destroy All Monsters and was also an accomplished writer and curator.
According to The New York Times, Kelley was"one of the most influential American artists of the past quarter century and a pungent commentator on American class, popular culture and youthful rebellion."



身交流会 課外活動 再構成 #8  2004-2005年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserved/Licensed by VAGA, New York, NY
1954年  デトロイト生まれ デトロイト郊外のミシガン州ウェイン郡で、労働者階級の家庭に生まれる。
地元のデトロイト音楽に熱中し、バンド「デストロイ・オール・モンスターズ」のメンバーとしても活動。  
Born in Wayne, Michigan, suburb of Detroit, to a working-class family. He was involved with the city's music scene and performed as a member of a band Destroy All Monsters.
1976年 ミシガン大学を卒業し、ロサンゼルスへ移住。  
aduates from the University of Michigan and then moves to Los Angeles.
1978年 カリフォルニア芸術大学で美術学修士号を取得。
在学中からさまざまなメディアを用いた詩的な作品を制作。
1980年代からは、使い古しのぬいぐるみやおもちゃを用いた作品を発表。  
Graduates from the California Institute of the Arts with a Master of Fine Arts. Forms the Poetics with fellow artists Tony Oursler and John Miller. His thesis exhibition features a series of Bird Houses and poetic texts.  His early public work focuses on performance.
1987年 代表作「返済できない程の愛の時間と罪の重荷(More Love Hours Than Can Never Be Repaid and The Wages of Sin)」の制作が完成。  
ompletes his masterpiece More Love Hours Than Can Ever Be Repaid and The Wages of Sin, part of the series “Half a Man” using worn-out stuffed animals and blankets.
1988年 第43回ベニス・ビエンナーレに出展。  
Exhibits in the 43rd Venice Biennale.
1992年 交流のあったロックバンド、ソニックユースのアルバム「ダーティ」のジャケットを手掛け、一躍世界に。ドクメンタIXに出展。  
Sonic Youth features his work, Ahhh… Youth! on the cover and booklet of their album Dirty, and Kelley's name becomes world-famous. Exhibits in the Documenta IX.
1993年 NYのホイットニー美術館で大規模な回顧展を開催。  
A large retrospective exhibition is held at the Whitney Museum in NY and Los Angeles County Museum of Art.
1995年 「教育複合施設(Educational Complex)」を制作。  
Creates Educational Complex, a sculpture including models of every educational institution that Kelley had attended.
1997年 6月、ドイツ、ドクメンタXにて「トニー・アウスラー+マイク・ケリー ポエティクス」を発表。
 11月に同作品がワタリウム美術館に巡回した。  
June, Kelley presents the Poetics Project in collaboration with Tony Oursler at Documenta X in Germany. November,
a traveling exhibition of the work is held at the Watari Museum of Contemporary Art.
1999年 「カンドール・プロジェクト」がスタート。
 スーパーマンの故郷の惑星クリプトンにある町カンドールをテーマにさまざまなイメージを制作。
2000年以降、グッゲンハイム記念財団奨学金賞などを受賞。  
Exhibits Kandor-Con 2000 at Kunstmuseen Bonn, the first work in the larger series, Kandors (1999-2011) in which he uses disparate images of Superman’s home city of Kandor to produce an expansive array of multi-media works. 
After 2000,  he is awarded several prizes including John Simon Guggenheim Memorial Foundation Fellowship.
2005年 ロンドンのガゴシアン・ギャラリーで「デイ・イズ・ダーン」を発表。   
Presents DAY IS DONE at Gagosian Gallery in NY.
2009年 友人のアーティストマイケル・スミスとのコラボレーション作品「成長と発見の冒険(A Voyage of Growth
 and Discovery)」を制作。
 2010年、2011年にも各国で展示される。  
Creates A Voyage of Growth and Discovery in collaboration with artist Michael Smith, which is exhibited in New York, Los Angeles, and Gateshead UK in 2009-2011.
2012年 サンゼルス近郊の自宅で死亡。享年57才。  
Dies in his home in a suburb of Los Angeles (57 years old).

作品 work of art▲PAGE TOP
イ・イズ・ダーン   
ミクストメディア 2005 年
DAY IS DONE
Mixed media 2005
  
「デイ・イズ・ダーン」は「課外活動再構成#2−#32」の総称です。ケリーは、もともと1日1つの映像で1年間に365になるマルチメディア大作として構想し、生涯この作品を作り続けましたが、計画全体が完了することはなく、今回ここに展示した31作品が全てとなりました。
ケリーがこれまで通ったすべての学校を組み合わせて作った彫刻作品「教
育施設(Educational Complex)」がこの映像シリーズの舞台です。ケリーはこの作品で「抑圧された記憶症候群」というテーマを用い、幼少期のトラウマを扱いました。建物の中の思い出せない部分は「抑圧された記憶」だとして未完成のままにしました。「課外活動 再構成」シリーズは、その失われた記憶を埋めるように作られた物語です。
ケリーは高校のイヤーブックや地域の新聞からとった放課後の「課外活動」のモノクロ写真を基に物語を「再生」し、ダンスの原案や音楽、シナリオテキストなどすべてを自身で制作しました。作品は、各番号につき二枚一組の写真(オリジナルのモノクロ写真と、創作した物語の演者たちによるコピー写真を並べたもの)、ひとつあるいは複数の映像、そしてそれらの映像を小道具と組み合わせたビデオ・インスタレーションからなります。 学校の演劇や職場のドレスアップデイ、ハロウィーン、地域のお祭りといった、アメリカの典型的な大衆のイベント(儀式)をベースにつくられた「デイ・イズ・ダーン」の物語には、ヴァンパイア、田舎者、ハロウィーン、悪魔といったモチーフが登場します。一部の登場人物は繰り返し登場し、ストーリーの繋がりを示唆します。奇妙な登場人物と設定は、トラウマを生むような異常な状況の表現でもあります。一見ミスマッチにも見える音楽は、パフォーマンスを物語の文脈から離し、その構造をあらわにする役目を担っています。
物語はケリー自身の経験だけでなく、映画や漫画や文学などの記憶から創作された「偽りの記憶」です。個人的なトラウマだけでなく、マイノリティといった社会的な集団のトラウマをも表現するためだと説明しています。同じく対象を学校や若者に制限しないように、あえて一見意味の分からない写真が選ばれ、あらゆる年齢
の役者が登場します。   

Day Is Done is the collective title for Extracurricular Activity Projective Reconstructions #2–32.  An epic multi-media project, it is part of a planned series of 365 video based works (one for every day of the year) which Kelley continued to work on until the end of his life.
To some extent, this work is a continuation of themes which Kelley explored in his 1995 sculptural work Educational Complex which consists of architectural models of every educational institution he had attended. The parts of the buildings he couldn’t remember were left blank as a reference to the phenomenon of Repressed Memory Syndrome: a discredited psychological theory used to deal with childhood trauma which Kelley repeatedly employed as an artistic device. The Extracurricular Activity Projective Reconstructions series can be seen as a story made up as a way to fill in the lost memories.
Kelley invented the stories based on black and white photos of "extracurricular activities" taken from high school yearbooks and local newspapers. Extrapolating on these invented stories, Kelley wrote the songs and dialogue, composed the music and choreography and directed the videos. Each work is built up as a video installation comprised of a pair of photos (the original black and white source photo and a restaged color photo featuring the characters of the fictive story), one or multiple videos, combined with props used in the video. The videos were later edited together into a single-channel, theatrical version.
The stories on which Day Is Done is based consist of typical popular American events or rituals such as school dramas, workplace dress-up day, Halloween, and local festivals in which archetypes such as a vampire, hillbilly, Halloween characters and devils appear. Some of the characters repeatedly appear, suggesting a connection between stories and installations. The strange characters and settings can also be considered an expression of an aberrant condition that produces trauma. The music which at first seems to be mismatching plays the role of separating the performance from the story context in order to reveal its structure.
The stories are based not only on Kelley's experiences but also "suppositive memories" created from memories of movies, comics, and literature. Kelley  explains that this is to express personal trauma as well as social, collective trauma., Kelley uses actors of all ages to portray the fictive characters to enact dark and fantastic narratives from seemingly nonsensical source images.

Image support; Image forum

キンダンス 課外活動 再構成 #21  2004-2005年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserved/Licensed by VAGA, New York, NY  
 
女々しいメタル/クローバーの蹄   
絹にシルクスクリーン 1989 年
Pansy Metal/ Clovered Hoof
Silk-screen on silk 1989
 
このシリーズは垂れ幕のような巨大なシルクの布作品です。クローバーが繰り返し用いられ、アイルランド系というケリーの出自を思わせます。しかし、幸運を示すはずのクローバーはふたつに引き裂かれたり、ナチス
の鍵十字、悪魔、骸骨、ヘヴィメタルといったモチーフと組み合わされ、むしろ不幸やアウトサイダーといったイメージを感じさせます。
タイトルに示されるように、鍵十字や悪魔、男性器、ヘヴィメタルなどの男性的なモチーフをクローバーなどの女性的なモチーフによってかわいらしくし、からかっているようです。逆に、クローバーは杖や骨といったモチーフと組み合わされ、勇ましい印象を受けます。男と女、強者と弱者、多数派と少数派、アングロサクソン系とアイルランド系、ナチスとユダヤ人といった対立するモチーフをまぜこぜにすることで、両者の関係を反転させています。強者からは権力を奪い、弱者の権利を大きな垂れ幕で主張しているようにも見えます。 
この作品は元々同年に行われたパフォーマンスの衣装として構想されました。ケリー構想、ダンサーのアニータ・ペース振付けで、イギリスのメタル系ロックバンド「モーターヘッド」の音楽に合わせて上演されました。
モデルたちは二枚の垂れ幕を合わせたローブのような衣装をまとい、激しい音楽に合わせて、ランウェイのような場所で暗く力強いパフォーマンスを見せました
。  

This fabric work series consists of banner-like giant silk cloths. The clover appears repeatedly, referring to Kelley's Irish origin. However, the clover, typically a symbol of good luck, is then torn in half and combined with motifs of the Nazi's cross, devil, skull and heavy metal iconography, creating instead the impression of bad luck and outsiders.
As seen in the title, the masculine motifs of the swastika and devil, penis, and heavy metal imagery are being mocked —made cute by feminine motifs such as the clover. Conversely, the clover is combined with motifs such as canes and bones in a display of masculinity. The opposition of: male and female, strong and weak, majority and minority, Anglo-Saxon and Irish, Nazis and (by inference) Jews are mixed to confound their relationship. It seems as if the strong are dispossessed of their power and the rights of the weak are being claimed on the giant banners.
This work was originally conceived as an edition for Julie Sylvester Gallery. Kelley then created a performance to present the silk-screened works, using them as costumes in a dance performance staged in collaboration with choreographer Anita Pace. The dancers were clad in pairs of banners joined together to form a robe-like costume as they carried out a dark and dynamic performance set to the music of the English rock band Motörhead.

田舎の従兄弟「女々しいメタル/クローバーの蹄」シリーズより 1989年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserved/Licensed by VAGA, New York, NY


泥炭のスペード「女々しいメタル/クローバーの蹄」シリーズより 1989年
Art © Mike Kelley Foundation for the Arts. All rights reserved/Licensed by VAGA, New York, NY
 
エクトプラズム#1 〜 #4   
「ポルターガイスト」シリーズより
写真、活版印刷、マット紙 1979 年
Ectoplasm #1-#4, from The Poltergeist
Photographic prints and press type mounted on mat board 19
79
「エクトプラズム(心霊体)」は、1979 年に制作したカナダの実験的アーティストのデヴィッド・アスクヴォルトとのコラボレーション・プロジェクト「ポルターガイスト」の一部で、大学卒業直後の初期の作品です。  
被写体はエクトプラズムを降ろす「媒体」としてのケリー自身で、降霊術を模して、煙や綿を鼻や耳から放出する「偽オカルト写真」です。20 世紀初期のスピリチュアリストの写真を模し、恍惚とした表情を浮かべています。当時のケリーは「オカルト儀式はアート制作と似ているから興味を引かれる」と語っており、オカルトの独特の美学への興味が現れています。降霊術の媒体をアーティストに例えることは、創造的な表現という概念への皮肉ともとれます。また、精神の解放をケリーがよく用いるテーマのひとつである思春期の性的妄想や性的な解放感とも関係づけているようです。  
「ポルターガイスト」シリーズは、デヴィッド・アスクヴォルトとケリーが共に関心を持っていたオカルトがテーマです。ふたりは共作というよりは個別に制作した作品を共に展示することで、お互いの作品が影響し合うことを目的としました。シリーズは写真を主にした7 作品で、テキストやドローイングが添えられた作品や、カラー写真などさまざまです。  

Ectoplasm #1-4 are the original artworks used to produce The Poltergeist, [Office1] a collaborative project created with the Canadian experimental artist David Askevold in 1979 when Kelley had just graduated from university.
In Kelley’s early work, he often photographed drawings and used the photos rather than the originals. The original The Poltergeist  (1979) is composed of 7 photographs of original source material, including drawings and text in addition to the 4 works displayed here.
These are "faux occult photos" where the subject is Kelley himself as the medium, excreting ectoplasm in an act of mock spiritualism, exuding smoke and cotton from his nose and ears. His ecstatic expressions mimic spiritualist photos of the 19th century.  At the time Kelley noted that: " Occult rituals interest me because they are akin to art-making." Here we can observe his interest in the unique aesthetics of the occult. Casting the artist as the medium of spiritualism may also be seen as a satire against the concept of creative expression[Office2] . The idea of “freeing the spirit” is one of the themes Kelley takes on often in relation to repressed sexual thoughts and the sense of sexual freeness of adolescence.
The Poltergeist series stems from the common interest in the occult between David Askevold and Kelley. Rather than co-producing, they exhibited individually produced works together with the purpose of making their works affect each other.
 
ランド・オ・レイクス   
ミクストメディア、紙 1996 年
Land O'Lakes
Mixed media on paper 1996
 
このシリーズは、アメリカ一のバター生産量を誇るミネアポリスの農協「ランド・オ・レイクス」のバターのパッケージに描かれた少女をモチーフにしています。彼女は伝統衣装をまとい、木々が茂った池の前でひざまずき、バターの箱を持つネイティブアメリカンの少女です。このモチーフは幼少期のケリーの性的妄想に由来します。ひざを胸に見立てて、少女が胸の前で持つ箱を開ける(=unfold) と、胸があらわになっているというよくなされるトリック・アートが幼いケリーを刺激したといいます。  

ケリーはこのアメリカのアイコンとも言える少女を用いて、さまざまな描写とメディアを用いた作品を制作しました。ヒッピー時代に憧憬をもつケリーがよく用いるサイケデリックな表現がここでは多用されています。  
 
This series is based on the girl depicted on the package of "Land O'Lakes" brand butters of Minneapolis: the leading producer of butter in the United States. She is a Native-American girl in a traditional costume, holding a pack of butter while she kneels in front of a lake surrounded by greenery. When this image is folded, her knees can be placed in front of her chest in such a way as to resemble bare breasts. This served as an early source of erotic fascination for young Kelley and his friends.
Kelley depicts this iconic figure in  a variety of media and forms. Allusions to psychedelia and hippie culture form associations with the fetishized image of the virginal maiden.



性的なランド・オ・レイクス・ガールの少しサイケデリックな描写  1996年
 
 
▲PAGE TOP
 
 
 

 ▲PAGE TOP
 
 
 

▲PAGE TOP


▲PAGE TOP
ワタリウム美術館
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
MAP
tel:03-3402-3001
fax:03-3405-7714
e-mail: official@watarium.co.jp